評論社
 
全てのジャンルを表示
児童図書館【絵本】
児童図書館【読み物】
ヤング・アダルト/一般
学習参考書
 
児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

雪山のエンジェル 版元(小社) 在庫:なし
ローレン・セントジョン  さくまゆみこ/訳
●四六判/256ページ●本体1400円●2020年10月刊
ISBN978-4-566-02471-7
山岳ガイドの父と山に登ることが大好きなケニアの少女マケナ。幸せに暮していたマケナを、突然の悲劇が襲う。両親がエボラ出血熱で亡くなってしまうのだ。引きとられた家になじめず、スラム街をさまよっているとき、アルビノの少女スノウと出会う。助け合って生きる二人だったが、スラム街が強制的に破壊された日、別れ別れに。危機が迫るたびに、幻のように銀色のキツネが現れてマケナを助けてくれる。あれは守り神なのか、娘を思う両親の魂なのか……。一人の少女が自分の居場所を見つけるまでを描く感動作。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●絵本の部屋 小学校低学年〜
   

今、世界は
あぶないのか?
文化と多様性
版元(小社) 在庫:なし
マリー・マーレイ ハナネ・カイ/絵 大山泉/訳
●22×22cm/32ページ●本体1500円●2020年10月刊
ISBN978-4-566-08060-7
今、世界で起きていることをみんなで考えていくシリーズ。「文化って、なんだろう? 世界の文化には、どんなちがいがあるの? ちがう文化と出会ったらどうしたらいいの?」。グローバル化の進む現代。文化とは何かをわかりやすく説明し、多様性を受け入れることの豊かさを伝える。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●絵本の部屋 小学校低学年〜
   

今、世界は
あぶないのか?
地球を守る
版元(小社) 在庫:なし
ルイーズ・スピルズベリー ハナネ・カイ/絵 大山泉/訳
●22×22cm/32ページ●本体1500円●2020年10月刊
ISBN978-4-566-08059-1
今、世界で起きていることをみんなで考えていくシリーズ。「地球温暖化って、どういうこと? どうして、おきるの? どうしたら地球を守れるの?」。今、地球がむかえている危機。その原因をわかりやすく説明し、自分たちにできることはどんなことなのかを考える出発点になる本。
●オンラインショッピングで購入

一般●文芸 一般
   

ベレンとルーシエン 版元(小社) 在庫:なし
J・R・R・トールキン アラン・リー/絵 沼田香穂里/訳
●21.5×15.5cm/352ページ●本体3,000円●2020年10月刊
ISBN978-4-566-02387-1
『シルマリルの物語』に収録された神話群のうちのひとつ。この世でもっとも美しいエルフの乙女ルーシエンと人間の勇者ベレンの恋の物語。アラン・リーによる表紙画、挿絵、カラー挿絵入りの豪華な1冊。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●絵本の部屋 幼児〜
   

きぼう―HOPE― 版元(小社) 在庫:あり
コーリン・アーヴェリス セバスチャン・ペロン/絵 ひさやまたいち/訳
●29.5×24cm/32ページ●本体1500円●2020年09月刊
ISBN978-4-566-08065-2
コメットはフィンの大切な友だち。ある日、具合が悪くなり、獣医さんにあずけることに。コメットのために何ができるのかな? 悩んでいると、パパが教えてくれました。「きぼうをもつことが一番だよ」って。きぼうは光のようなもの。だれかがだれかを思う光が空いっぱいに満ちている! やさしい気持ちになれる絵本。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

イルカと少年の歌
―海を守りたい―
版元(小社) 在庫:あり
エリザベス・レアード  石谷尚子/訳
●四六判/292ページ●本体1600円●2020年09月刊
ISBN978-4-566-02470-0
海に近づくな、と厳しく言われて育ったフィンが、ある日海に落ちてしまった。溺れる! と思ったが、なんと水の中で自由に動き回れることがわかる。フィンは、詩にも歌われた、イルカ族の乙女と漁師の間に生まれた子どもだったのだ。人間のイベントのせいでイルカに危機が迫っていることを知ったフィンは、勇気をふりしぼって立ち上がる。紛争地帯の子どもを描き続けてきたレアードが、海洋汚染をとりあげた作品。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

ステラ・モンゴメリーの冒険3
地底国の秘密
版元(小社) 在庫:あり
ジュディス・ロッセル  日当陽子/訳
●A5変型/320ページ●本体1800円●2020年07月刊
ISBN978-4-566-02462-5
しつけの厳しい全寮制の学校に送られたステラ。おばさんたちもママも、ここで勉強したという。規則にしばられた毎日も、二人の親友のおかげで何とかがまんできた。ところが、友だちの一人が誘拐されてしまい……救出に向かったステラたちは、この町の地下にかくされたとんでもない秘密を知ることに。―行方不明のパパのこと、双子の姉妹のことなど、すべての謎が解ける完結編!
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●絵本の部屋 小学校中学年〜
   

わたしに手紙を書いて
日系アメリカ人強制収容所の
子どもたちから図書館の先生へ
版元(小社) 在庫:あり
シンシア・グレイディ アミコ・ヒラオ/絵 松川真弓/訳
●A4変形判/32ページ●本体1400円●2020年06月刊
ISBN978-4-566-08064-5
第二次世界大戦中、アメリカ西海岸に暮していた日系人は「アメリカの敵」とみなされ、大人も子どもも強制収容所に入れられました。図書館司書のブリードさんは、日系人の子どもたちを忘れず、本や日用品を送りつづけました。子どもたちもブリードさんにたくさんの手紙を書きました。本当にあった心打つ物語です。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

嵐の守り手1.闇の目覚め 版元(小社) 在庫:あり
キャサリン・ドイル  村上利佳/訳
●四六判/356ページ●本体1600円●2020年05月刊
ISBN978-4-566-02467-0
フィオンが船からおりたった時、島が目覚めた。そして、地底深く眠る闇の力も……。「天候」をキャンドルに閉じこめ、それを燃やすことで時を行き来できる<嵐の守り手>と呼ばれる人たち。フィオンはその担い手になれるのか?―アイルランドの孤島を舞台に描かれるファンタジー。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校中学年〜
   

エルシーと
魔法の一週間
版元(小社) 在庫:あり
ケイ・ウマンスキー 橋 賢亀/絵 岡田好惠/訳
●四六判/208ページ●本体1400円●2020年04月刊
ISBN978-4-566-01453-4
町の小さな雑貨店ピクルス。お父さんが経営し、長女のエルシーが店番のお手伝い。ある日、その店に魔女がやってきて、エルシーは一週間「魔女の塔」の留守番を引きうけることになりました。そこから思いもしない大騒ぎが!
●オンラインショッピングで購入