評論社
 
全てのジャンルを表示
児童図書館【絵本】
児童図書館【読み物】
ヤング・アダルト/一般
学習参考書
 
児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

嵐の守り手1.闇の目覚め 版元(小社) 在庫:なし
キャサリン・ドイル  村上利佳/訳
●四六判/356ページ●本体1600円●2020年05月刊
ISBN978-4-566-02467-0
フィオンが船からおりたった時、島が目覚めた。そして、地底深く眠る闇の力も……。「天候」をキャンドルに閉じこめ、それを燃やすことで時を行き来できる<嵐の守り手>と呼ばれる人たち。フィオンはその担い手になれるのか?―アイルランドの孤島を舞台に描かれるファンタジー。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校中学年〜
   

エルシーと
魔法の一週間
版元(小社) 在庫:あり
ケイ・ウマンスキー 橋 賢亀/絵 岡田好惠/訳
●四六判/208ページ●本体1400円●2020年04月刊
ISBN978-4-566-01453-4
町の小さな雑貨店ピクルス。お父さんが経営し、長女のエルシーが店番のお手伝い。ある日、その店に魔女がやってきて、エルシーは一週間「魔女の塔」の留守番を引きうけることになりました。そこから思いもしない大騒ぎが!
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

アーニャは、きっと来る 版元(小社) 在庫:あり
マイケル・モーパーゴ  佐藤見果夢/訳
●四六判/212ページ●本体1400円●2020年03月刊
ISBN978-4-566-01452-7
第二次世界大戦中のフランスの山間部。12歳の少年ジョーは、戦争に行った父のかわりに、ヒツジの世話をしています。ある日、山の中で見知らぬ人に出会ったことから、ナチスの迫害をのがれたユダヤ人とかかわることに……。イギリス児童文学界を代表する作家、マイケル・モーパーゴの新作です。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

ハロー、ここにいるよ 版元(小社) 在庫:あり
エリン・エントラーダ・ケリー  武富博子/訳
●四六判/336ページ●本体1600円●2020年01月刊
ISBN978-4-566-02466-3
ヴァージルはおとなしい。家族の中でも学校でも目立たない。好きな女の子に「ハロー」と声をかけることすらできない。悩みがあると、自称“霊能者”のカオリに相談に行く。ヴァージルをおそった「恐ろしい運命」がやがて新しい一歩につながる笑いと涙の友情物語。2018年のニューベリー賞受賞作。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

続・魔法使いマーリンの犬
ハナキキと聖杯
版元(小社) 在庫:あり
エリック・カーン・ゲイル  大山泉/訳
●四六判/304ページ●本体1600円●2019年09月刊
ISBN978-4-566-01451-0
偉大な魔法使いの愛犬が大活躍するお話『魔法使いマーリンの犬』の続編。エクスカリバーをぬくという快挙をなしとげた名犬ハナキキくん。今度は妖精の女王を救うため、聖杯さがしの旅へ!
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

ステラ・モンゴメリーの冒険2
お屋敷の謎
版元(小社) 在庫:あり
ジュディス・ロッセル  日当陽子/訳
●A5変型/320ページ●本体1800円●2019年08月刊
ISBN978-4-566-02461-8
おさないころを過ごしたワームウッド・マイアのお屋敷に帰ったステラ。ひいひいおじいさんが建てた広大な屋敷と庭園には、おどろくべき秘密が! 1巻『海辺の町の怪事件』につづく、ヴィクトリア朝を舞台にしたファンタジー。かわいいイラストが満載です。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

わたしがいどんだ戦い
1940年
版元(小社) 在庫:あり
キンバリー・B・ブラッドリー  大作道子/訳
●四六判/452ページ●本体1800円●2019年07月刊
ISBN978-4-566-02465-6
1940年、第二次世界大戦が続くなか、エイダは足の手術を受け、歩けるようになる。生活は厳しさを増すばかりだったが、新しい友と出会い、自らの心の傷と戦い、家族のきずなを深めながら成長していくエイダ。『わたしがいどんだ戦い1939年』の感動の完結編。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

魔女の子ども 版元(小社) 在庫:あり
ケリー・バーンヒル  佐藤見果夢/訳
●四六判/336ページ●本体1600円●2019年07月刊
ISBN978-4-566-02464-9
ネッドの母親は、村人に「魔女さん」と呼ばれ、頼りにされていた。母親の代わりに「魔法」をあずかることになったネッドだが、それを奪おうとするものがあらわれ……。心に傷を持つ少年が、山賊の娘やオオカミといっしょに、国を救う物語。ニューベリー賞受賞作家ケリー・バーンヒルの注目作!
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

月の光を飲んだ少女 版元(小社) 在庫:なし
ケリー・バーンヒル  佐藤見果夢/訳
●四六判/336ページ●本体1600円●2019年05月刊
ISBN978-4-566-02463-2
毎年、赤ん坊を生贄に捧げてきた町。そうしなければ、悪い魔女が町を滅ぼす……と言い伝えられてきたのです。が、実は赤ん坊は善意の魔女ザンに助けられ、他の町で大切に育てられていたのでした。ある年、助けた赤ん坊の愛らしさに見とれたザンは、うっかり月の光を飲ませてしまいます。ルナと名づけられた赤ん坊は成長するにつれ不思議な力を宿すようになりますが……。2017年のニューベリー賞受賞作。
●オンラインショッピングで購入

児童図書館●文学の部屋 小学校高学年〜
   

魔法使いマーリンの犬
エクスカリバーをぬくのはだれだ?!
版元(小社) 在庫:あり
エリック・カーン・ゲイル  大山 泉/訳
●四六判/312ページ●本体1600円●2019年01月刊
ISBN978-4-566-01450-3
主人公はかの偉大な魔法使いマーリン……ではなくて彼の愛犬ハナキキ。こっそり魔法を習い、魔法の石のおかげで言葉も話せます。ある日、マーリンが誘拐されてしまい、大切な家族をとりもどすため、ハナキキが大活躍!
●オンラインショッピングで購入