アン・ファインの最笑傑作(?!)が
ついに登場!

数々の話題作を生み出してきた、イギリスのベテラン作家アン・ファイン。
彼女の作品中、読者にもっとも人気のある物語『おしゃれ教室』が刊行されました。

 

  
   
    『おしゃれ教室』 
    アン・ファイン作 灰島かり訳 hiroko絵
     定価:本体1000円

 


  カーネギー賞、ガーディアン賞などの受賞
  作家であり、現代イギリスを代表する作家
  の一人であるアン・ファイン。 
  『ぎょろ目のジェラルド』『フラワー・ベイビー』
  『チューリップ・タッチ』など、さまざまな傑作
  を発表してきました。

  そのアン・ファインが、『おしゃれ教室』では
  読者をとことん楽しませ、笑わせてくれます。
  おしゃれが大きらいな少女ボニーが、あろ
  うことかカルチャーセンターの「一日おしゃ
  れ教室」に放りこまれてしまうのです。
  とりすました女の子たちの中で浮きまくった
  ボニーが巻き起こす大騒動とは・・・?

  女の子にとって「おしゃれ」って何なのか、
  本当の「おしゃれ」ってどういうものなのか
  ・・・そんなことを考えさせてくれる物語です。
  

 <あらすじ>ママの都合で「おしゃれ教室」で一日過ごす
  ことになったボニー。教室では、プリティ・プリンセスになり
  たい女の子たちが、思いっきりひらひらキラキラ飾りたて
  ています。そんな中で、思わず「わたしは音響と照明の係
  だ」と言ってしまったボニー。プリンセス・コンテストの音響
  と照明を担当するハメに。
  抱腹絶倒のゆかいな物語ですが、女の子たちの競争心や
  虚栄心を描いて、ちょっぴり考えさせてもくれます。
  


 アン・ファインのほかの作品

 
  フラワー・ベイビー
  墨川博子訳
  定価:本体1600円
  

   
  チューリップ・タッチ
  灰島かり訳
  定価:本体1500円

 
キラーキャットのホラーな
一週間
』  灰島かり訳 
定価:本体1300円

 
 それぞれのかいだん
 灰島かり訳
 定価:本体1800円