『魔女がいっぱい』(ロアルド・ダール原作)が映画に!

子どもをネズミに変えてしまう恐ろしい魔女たちに、おばあちゃんと少年がいどむ
痛快なお話『魔女がいっぱい』が、新しい映画になりました。

  



 (c)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.


 イギリスの超人気作家、ロアルド・ダール。
 日本でも、『チョコレート工場の秘密』や、『おばけ
 桃が行く』『マチルダは小さな大天才』などの作品
 でよく知られています。

 そのダールの代表作のひとつ『魔女がいっぱい』
 (原題:The Witches)が、新しく映画化されました。
 主演は、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、
 監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・
 ゼメキスという豪華さ。

 いよいよ2020年12月4日(金)からロードショー!

 子どもが大キライで、みんなネズミに変えてやろう
 とたくらむ魔女集団。少年とおばあちゃんは、魔女
 たちの計画を阻止できるのでしょうか?!

 この機会に、ぜひ映画も原作もお楽しみください!

 くわしい映画情報はこちら↓
   
   majo-movie.jp


 <原作本はこちら>
 
 
魔女がいっぱい』
 (ロアルド・ダール コレクション13)
 清水達也・鶴見敏訳 定価:本体1300円+税