「海外ミステリーBOX」シリーズに

話題の新作が登場!

アメリカでもっとも権威あるミステリー賞、エドガー・アラン・ポー賞。
そのジュニア部門・YA部門の受賞作とノミネート作を中心に集めた
傑作ミステリーのシリーズに、2012年のエドガー賞を受賞したばかりの新作が、
早くも登場です!

 
  沈黙の殺人者

2012年YA部門受賞作

ダンディ・デイリー・マコール作
武富博子訳
定価1600円+税
 

 

野球チームの監督を殺害した罪で起訴された18歳のジェレミー。
妹のホープだけは無実を信じているのだが、兄は事件について、ひと言
も話そうとしない。
真犯人はいるのか? やはり兄の犯行なのか? 息づまる裁判の行方を追ううちに、衝撃の事実が浮かび上
がる……。
せつなくて、あたたかいミステリー。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1979年受賞作
ウルフ谷の兄弟
1986年ノミネート作
とざされた時間のかなた
  デーナ・ブルッキンズ作
宮下嶺夫訳
定価1400円+税
  ロイス・ダンカン作
佐藤見果夢訳
定価1600円+税
 
母を亡くし、伯父の家にひきとられたアーニーとバートの兄弟。健気に生きる二人が、なんと殺人事件の発見者になってしまう!
     
    父の再婚相手の家族とひと夏を過ごすため、ノアは南部を訪れる。しかし、美しい義理の母ときょうだいには恐ろしい秘密が!
       
    1976年受賞作
    死の影の谷間

    1973年受賞作
    マデックの罠

      ロバート・C・
    オブライエン作
    越智道雄訳
    定価1600円+税
    マディックの罠   ロブ・ホワイト作
    宮下嶺夫訳
    定価1500円+税

     

     

    放射能汚染を免れた谷間でただ一人生き残った少女アン。そこへやってきた見知らぬ男の正体は? 核戦争後の恐怖を描く問題作。
    砂漠に狩猟に来た男マデックと、ガイドの大学生ベン。男があやまって老人を撃ってしまったことから、とんでもない出来事が起こって……。

                            1999年受賞作
                           『危険ないとこ

          第55回西日本読書感想画コンクール課題作
                   2006年受賞作
                                  『ラスト・ショット

     

     

    ナンシー・ワーリン作
    越智道雄訳
    定価1600円+税

     

     

    J・ファインスタイン作
    唐沢則幸訳
    定価1600円+税

     

    ガールフレンドをあやまって死なせてしまったデイヴィッドは、高校生活をやり直すため、伯父の家にあずけられた。しかし、そこで新たな悪夢が……。

    14歳のスティービーは記者コンテストに優勝し、夢にまで見た大学バスケの試合に招待された。が、スター選手が脅迫されているのを聞いてしまい……。

     

     

         
              2008年ノミネート作
            『深く、暗く、冷たい場所
     

        第56回西日本読書感想画コンクール課題作
               
    2008年ノミネート作
              『闇のダイヤモンド

     

    メアリー・D・ハーン作
    せなあいこ訳
    定価1600円+税

     

     

     

    キャロライン・B・クーニー作
    武富博子訳
    定価1600円+税

    古い本から出てきた1枚の写真。やぶりとられた少女はいったい誰?!  
    そこに隠されたおぞましい過去とは……。美しくて怖いゴースト・ストーリー。

     フィンチ家では、アフリカからの難民一家をあずかることになった。しかし、やってきた家族には、誰にも言えない恐ろしい秘密があった……。

     

     

    2012年英国ファンタスティック・ブック賞受賞作
          『天才ジョニーの秘密

    ★書評から★

      「……一件落着したと思われたあとに、もう一つ罠が仕掛け
        られているなど、ストーリーテリングのうまさは抜群で、最後
        まで飽きさせない。」(『マデックの罠』朝日新聞)
      
    「“年を取らない家族”という発想が、萩尾望都の『ポーの一
        族』を思わせる。作者は大ヒット映画「ラストサマー」の原作
        者」(『とざされた時間のかなた』新潟日報)
      
    「おとな顔負けのたくましさを発揮するバートの姿がぐいぐい
         読む人の心に迫ってきます」(『ウルフ谷の兄弟』朝日小学
        生新聞)
      
    「不機嫌で意地悪なシシィに次第に影響されていく従妹エマ、
       不安と恐怖に追いつめられていく<わたし>の描写が見事」
       (『深く、暗く、冷たい場所』河北新報)

     

     

    エレナー・アップデール作
    こだまともこ訳
    定価1600円+税

    いじめられっ子のジョニーに、ある日、天才的なアイデアがひらめいた!殺人犯に仕立てあげられた母を救うために、ジョニーが考えた作戦とは?