ノセマタシメ
   
   
   


2016年は、ロアルド・ダール生誕100年!

そして、9月13日は、ロアルド・ダールのお誕生日です♪
ハッピー・バースデイ!!!
 


     


  あるときはスパイ、あるときは戦闘機乗り、あるときは
 チョコレート評論家、またあるときは医療装置の発明家、
 そして世界一楽しい物語を書く作家……。
 それがロアルド・ダール

 2016年は、ロアルド・ダールの生誕100年にあたり、ステ
 キな企画が形になりました。

 まずは、心やさしい巨人と、小さな女の子ソフィーの友情
 物語、『オ・ヤサシ巨人BFG』が、スティーブン・スピル
 バーグ監督によって映画化され、日本でも、いよいよ9月
 17日に公開されます!
 映画のタイトルは、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイ
 アント』
(ディズニー映画)。

 
BFG(巨人役)を演じるのは、イギリスの名優マーク・ラ
 イランス。ソフィー役には、愛らしいルビー・バーンヒルが
 選ばれました。

 ワクワクするお話と驚きの映像で描かれるロアルド・ダー
 ルワールド! ぜひご家族で、お友だち同士でごらんくだ
 さい。 *くわしくは、http://www.disney.co.jp/movie/bfg.html

   
      オ・ヤサシ巨人BFG
    中村妙子訳 クェンティン・ブレイク絵
         定価:本体1400円+税

        
    『ダールのおいしい!?レストラン』 
     
ロアルド・ダール コレクション別巻3
   
J・ファイソン/フェリシティー・ダール編
   J・ボールドウィン写真 Q・ブレイク絵
   そのひかる訳 定価:本体1100円+税


 『オ・ヤサシ巨人BFG』あらすじ


  ソフィーはひとりぼっちの女の子。孤児院で暮らしていま
 す。ある夜、見てしまったのです、身長8メートルもある巨
 人が、細長いラッパのようなもので子ども部屋に何かを吹き
 こんでいるのを。
  ソフィーはこの巨人にさらわれ、巨人の国に連れていかれ
 てしまいます。巨人たちは、ニンゲンマメ(巨人たちは、
 人間をこう呼んでいます!)が大好物。
  だけど、ソフィーをさらったのは、とってもやさしくて
 ニンゲンマメを食べないオ・ヤサシ巨人でした。オ・ヤサ
 シさんの仕事は、みんなに「夢」を届けること。細長いラッ
 パのようなもので吹きこんでいたのは「夢」だったのです。
 オ・ヤサシ巨人とソフィーが、おそろしい人食い巨人たち
 に立ち向かう姿を描く痛快な物語です。

   BFG裏話>ール作品の多くにイラストを描いている
   クェンティン・ブレイクによれば、ダール家を訪問した際
   ダールが見せた「おじいちゃん」の優しさが、BFG造形の
   ヒントになったとか。BFGと友情を結ぶ少女、「ソフィー」
   はダールの孫娘の名前でもあります。また、BFGは最初、
   エプロンをつけて長靴をはいた姿でしたが、最終的には
   ダールがはいていたのと同じサンダルをはかせることに
   なったそうです。なお、ダール自身、自分の作品中で
   もっとも気に入っているのが、『オ・ヤサシ巨人BFG』だ
   そうですよ。映画化は、まさに生誕100年にふさわしい
   プロジェクトだったのです!

 ★『オ・ヤサシ巨人BFG』は、電子書籍(honto)でも配信予定
    です。

   さらに、大人気の「ロアルド・ダール コレクション」に
 新刊が登場です!
 『ダールのおいしい!?レストラン―物語のお料理フルコース
 
(ロアルド・ダール コレクション別巻3)

 ダール作品に登場するチョコレート・ケーキや、鳥のパイ、
 寒い日のホット・アイスクリーム、オ・ヤサシ巨人が食べる
 おばけキュウリ……おいしい(!?)ものが、たくさん、写真と
 イラストで紹介されています。実際に作ることもできるので
 興味のある方はチャレンジしてみてくださいね。

 100年先も、きっとワクワクを届けてくれるロアルド・ダー
 ール作品。みんなでダールさんのバースデイをお祝い
 しましょう。
 
 Happy Birthday,Roald!

 <ロアルド・ダールってこんな人>  1916年〜1990年。イギリスのサウス・ウェールズ生まれ。学校を卒業後、シェル石油
                                                      会社に勤務。第二次世界大戦では、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍。
                                                      戦後、作家として 『あなたに似た人』『キス・キス』など、変わった味わいの大人向け小
                           説で人気を得、結婚後は児童向けの作品を多く発表している。
                                                      代表的な作品に、『チョコレート工場の秘密』『マチルダは小さな大天才』など。

 

 

児童図書館●絵本の部屋
おまるにぴょん、
できるかな! ≪詳細≫
22.6×24cm
32ページ
本体1200円
児童図書館●絵本の部屋
あかちゃんの木 ≪詳細≫
A4判
40ページ
本体1300円
児童図書館●絵本の部屋
かわいがって
くれるの、だぁれ? ≪詳細≫
24.5×25cm
32ページ
本体1300円
ヤング・アダルト●文芸
スマート
キーラン・ウッズの事件簿
 ≪詳細≫
四六判
304ページ
本体1400円
児童図書館●文学の部屋
紅のトキの空 ≪詳細≫
A5変型
272ページ
本体1600円
 
Copyright(C) 1948 株式会社評論社 All Right Reserved.