ノセマタシメ
   
   
   

 

 今年度の課題図書に選ばれました!

 ―マイケル・モーパーゴ作『希望の海へ』―

 


  
     『希望の海へ』
  
マイケル・モーパーゴ作 佐藤見果夢訳 
   定価1680円(税別)


第61回青少年読書感想文全国コンクール課題図書
に、マイケル・モーパーゴの『希望の海へ』が選定され
ました。(高等学校の部)

第二次世界大戦後のイギリスでは、戦災孤児が町に
あふれ、解決策として、子どもたちをオーストラリアに
送る“児童移民”がおこなわれていました。
新しい環境で、新しい家族と過ごす……というのは建て
前で、実は劣悪な環境下、強制労働をさせられる子ど
もがほとんどだったそうです。

『希望の海へ』で描かれるのは、そうした“児童移民”
のひとりとして海をわたったアーサー少年の物語です。
アーサーは過酷な境遇から抜け出し、のちには幸せな
人生をつかみますが、イギリスにいる姉に会いたいと
いう願いは果たせませんでした。
その願いは、アーサーの娘アリーに引き継がれていく
ことになります。アリーは単独、ヨットでイギリスを目ざし
ます。果たして父の夢をかなえることができるのでしょ
うか?!

物語の名手マイケル・モーパーゴならではの、
父子二代にわたる感動作を、ぜひこの夏の読書に!
 

  
   マイケル・モーパーゴ・・・1943年生まれ。小学校教師を経て作家となり、とくに児童文学の世界でイギリスを
                    代表する作家といわれる。『世界で一番の贈りもの』『戦火の馬』『兵士ピースフル』な
                    どの作品がある。『戦火の馬』はスピルバーグ監督で映画化もされている。



            
           『おしゃれ教室』
     
アン・ファイン作 灰島かり訳
       定価1000円(税別)



こちらは、第59回西日本読書感想画コンクール
指定図書となった
『おしゃれ教室』(中学校の部)

おしゃれが大きらいな少女が「一日おしゃれ教室」に放
りこまれて巻き起こす、笑いと涙の物語。友情とは、外
見とは、本当のおしゃれとは何かを考えるきっかけに
なります。

作者のアン・ファインも、モーパーゴ同様、現代のイギリ
ス児童文学を代表する作家。ユーモアいっぱいの物語
に、大切なメッセージがいっぱいちりばめられています。

 

児童図書館●文学の部屋
走れ、風のように ≪詳細≫
四六判
208ページ
本体1200円
児童図書館●文学の部屋
白いイルカの浜辺 ≪詳細≫
A5変型
296ページ
本体1600円
児童図書館●文学の部屋
スモーキー山脈
からの手紙 ≪詳細≫
四六判
280ページ
本体1500円
児童図書館●絵本の部屋
おねがい パンダさん ≪詳細≫
27cm×27cm
32ページ
本体1400円
児童図書館●絵本の部屋
きっと きっと まもってあげる ≪詳細≫
27×22.8cm
32ページ
本体1300円
児童図書館●絵本の部屋
女王さまのぼうし ≪詳細≫
27cm×27cm
32ページ
本体1400円
 
Copyright(C) 1948 株式会社評論社 All Right Reserved.